優良衛生品質管理市場・漁港認定市場の紹介

宮古漁業協同組合・地方卸売市場宮古市魚市場

市場概要 @ 開設者 宮古市
A 設 立 平成7年
B 所在地 〒027-0004 岩手県宮古市臨港通2番1号
市場施設 @ 構   造 鉄骨造平屋建
A 面   積 延床面積 4,030u
B そ の 他 1階事務室など、2階ギャラリー、物置など
営業状況 @ 開市時刻 07:30、14:00
A 登録買受人 83名
B 取扱量 4,376トン(平成22年)
認定取得による市場関係者の意識の変化について
○ 売場内の喫煙や飲食はなくなり、帽子も着用するようになった。
○ 魚の直置きもなくなった。
○ 品質管理面が驚くほど変わり、漁業者に評価された。
認定取得による経済効果について
○ 視察に来るお客様の評価は高い。
○ 現場としては、衛生管理に走りすぎると現場の仕事がおろそかになってしまうことを懸念している。
認定取得による漁業者の評価
○ 漁業者は、鮮度管理に協力的になっているが、認定制度の事は、あまり理解されていないようである。
認定取得による仲買業者の評価
○ 鮮度管理により着荷状態が良いという評価が仲買業者や買付業者からある。
認定取得による行政関係者の評価
○ 岩手県は平成14年度から産地市場の衛生管理に取り組んでいるので下地がある。

宮古魚市場全景
宮古魚市場全景
優良認定市場の掲示
優良認定市場の掲示
荷捌き施設入場口と足洗い槽
荷捌き施設入場口と足洗い槽
十分に施氷された鮮魚
十分に施氷された鮮魚
清掃中の荷捌き施設内の様子
清掃中の荷捌き施設内の様子
清掃後の魚箱(手前)と仲買業者控え室(奥)
清掃後の魚箱(手前)と仲買業者控え室(奥)
荷捌き施設内に設置された十分な数の手洗い設備
荷捌き施設内に設置された十分な数の手洗い設備
衛生品質管理取組みの掲示
衛生品質管理取組みの掲示
陸側から見た施設入口
陸側から見た施設入口
復旧工事が進む宮古魚市場
復旧工事が進む宮古魚市場
主な水産物・漁法

マグロ類、カジキ類、サメ類、サケ、マス、イワシ、イカ、サバ、スズキ、ショッコ、ブリ、シラス、メヌケ、タラ、スケソウタラ、キチジ、ヒラメ類、タコ類、ニサイ、エビ、サンマ、カツオ、カニ、ウニ、アワビ、カキ、そしてコンブ、ワカメ等の海藻類

市場の紹介

親潮と黒潮がぶつかりあう三陸沖は、世界有数の好漁場です。
水産資源の保護や流通体制の整備、高付加価値化やブランド化、ハセップの推進など、工夫と発想で漁業の振興に取り組んでいます。
東日本大震災の大津波により甚大な被害を受け、未だ完全復旧には至っておりませんが、地元の漁業者とともに水産業の再起に取り組んでいます。

地域の紹介

本州最東端のまち・宮古市。
宮古市は、広域人口10万人、本州最東端に位置し、太平洋から昇る太陽を迎え、緑深き森から流れる川が大海にそそぐまち、人びとのきずなを大切にするまちです。
三陸の海の幸に恵まれ、古くから伝統的地場産業として水産加工業が発達してきました。昭和に入ってからは、港湾や道路の整備が進み、重化学工業や合板産業が成長しました。

http://www.city.miyako.iwate.jp/

↑ページの一番上へ